各部紹介
  • ホーム
  • 回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは

 回復期リハビリテーション病棟は、治療を主目的とした一般病棟とは異なり、心身ともに回復した状態で社会復帰や家庭復帰ができるよう集中的なリハビリテーションを行う病棟です。
当院のリハビリテーションは、患者さま中心のリハビリテーションを提供できるよう、それぞれの患者さまにあったプログラムを作成し実施しています。またリハビリ室だけでなく病棟でのリハビリテーションも行っており、リハビリ室でできるようになった動作が病棟でもできるように、また自宅内での生活を想定し自宅でもできるよう訓練を実施しています。
リハビリスタッフ、病棟スタッフと情報を共有し、機能回復・残された能力が最大限に活用できるようになり、患者さまが一日でも早く職場復帰・家庭復帰する日を迎えられるよう支援していきます。

回復期リハビリテーション病棟の対象疾患

対象疾患 発症後
手術後
入院限度
日数
脳血管疾患、脊椎損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊椎炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の骨折又は2肢以上の多発骨折の発症または手術後の状態 2ヶ月以内 90日
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており手術後又は発症後の状態 2ヶ月以内 90日
大腿部、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経・筋又は靭帯損傷後の状態 1ヶ月以内 60日
股関節または膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

*尚、上記の入院限度日数は、当院での入院期間を保証(約束)するものではありません。


ページトップへ