各部紹介

地域医療連携室

基本方針

地域の先生方や介護関連施設等との連絡調整を強化し、密な地域医療連携・保健医療福祉システムを構築するための業務・地域活動を行います。

スタッフ

社会福祉士 : 木下 敦雄 /  石井 秀和 / 米井 弘至
事務員   : 亀井 孝直
 

業務内容

  • 当院への入院相談
  • 他病院からの転院時の受け入れ等の調整
  • 退院支援⇒在宅復帰、転院、施設入所への相談支援・調整
  • 医療依存度の高い患者さまの自宅退院の際の相談支援・調整
  • 退院時共同支援会議の開催
  • 医療看護相談
  • 社会福祉・社会保障相談
  • 他の医療機関、施設、居宅支援事業所等との連絡・調整
  • 地域医療連携会議、研修会への参加 等

入院申し込みから退院までの流れ

*当院は、一般病棟で急性期治療が終わった方が転院して、社会復帰・家庭復帰を目標に、集中的にリハビリテーションを行う病院です。
>>入院申し込みから退院までの流れはこちら

お悩みのとき、ご不安なときは、地域医療連携室へご相談下さい

 地域医療連携室は当院に入院している患者さま・家族様、更には今後入院する皆様が安心して治療・療養に専念できるよう、さまざまなご不安、お悩みをともに考え、解決するためのお手伝いを行っています。
 今、お心を痛めていらっしゃることはございませんか?お困りになられていることはございませんか?
 地域医療連携室では看護師、社会福祉士等が直接お話をお伺いしています。

 在宅復帰を目標に、看護師は主に在宅医療や医療行為が多い患者さまや家族様への支援を、社会福祉士は主に制度や環境整備が必要な患者さまや家族様への支援を行っています。在宅復帰が困難な場合は、施設入所相談、転院の相談等も行っています。

相談

申し込み先
以下のいずれかへお申し込み下さい
*1階事務室「地域医療連携室」へ
*院内職員(医師、看護師、リハビリ、医事課など)へ
相談受付時間 月~土曜日(祝日年末年始を除く)
9:00~12:00、13:00~16:00(左記以外の時間帯は事前にご相談ください)


ページトップへ