栄養課

栄養課

食べることは、生きること美味しく食べてはじめて栄養
私達は、誠意をもって、患者様の栄養をサポートします

栄養課の方針

1. 私達は、『食事は、安全で、やさしく、おいしいことがすべて』 とし、食事を提供致します。
2. 私達は、口から食べることを治療の一環とし、医療サービスの改善・向上へ取り組みます。
3. 私達は、『動く(リハビリ)、食べる(栄養摂取)、考える(認知機能)』、
        食べることへのサポートに全力を尽くします。
4. 私達は、患者様個々の状況を考え、心も体も癒して戴けるよう愛情を込めた食事を提供します。
5. 私達は、食事を通して、色彩感・季節感・食への楽しみを演出していきます。

フードサービス

■食事時間: 朝食 7:30/昼食 12:00/夕食 18:00
■食事場所: 各階のデイルームにて、お食事をお召し上がり頂けます
■献立について
季節に応じたサイクルメニューで、お食事を提供致します。
一般食:普通食・軟菜食など
治療食:エネルギーコントロール食・減塩食・嚥下訓練食・潰瘍食など

■えらべる朝食メニュー
朝食は、パン食・ごはん食・おかゆ食などお好みに応じて選べます。



■イベントメニュー
月に1~2回、行事食を提供し、四季折々の食事をお楽しみ頂いております。



■平成まほろば農園

当院敷地内にて、菜園を行なっております。
夏の収穫では、えんどう豆がたくさん採れました。
現在は、さつまいもを育てています。
採れたての芋ごはんが提供できたらいいですね。


食事への安全と配慮

  ■調理業務
   調理業務は全面的に「イフスコヘルスケア(株)」様に委託しております。
   常に安心して食べて頂けるよう、衛生面には、細心の注意を払って
   調理・盛り付けなどの業務に取り組んでいます。
   治療やリハビリ効果を上げて頂くため、より美味しい食事を提供する努力を致します。

  ■食品衛生の安全性
   『IFSCO HACCPマニュアル(衛生管理基準)』をもとに、
   食材の仕入れ・配送・調理・配膳までトータルに衛生管理を行っています。
   また、環境の整備化・安全衛生状態のチェック体制の強化を図り、
   定期的に、食事提供での衛生状況の点検を行っております。

■個人対応
個々の状況に応じた、栄養と食事のサポートを実施しております。
*食べにくい方への食事形態(飲み込みにくい・噛みにくいなど)
* アレルギー対応
* 食欲のない方
* 利き手が使えない方
* 自助食器の使用 など

  【 自助食器取り扱い一例 】

栄養サポート

■ミールラウンド
患者様の食事の設定を事前に知り得た情報(疾患、検査データなど)から栄養状態を把握し、
摂食時の特徴的な症状を観察します。その他にも、食事を食べることによる精神的な変化、
時間経過による疲労度、どの料理を残していてどの栄養が足りてないか、食べこぼしはないか、
水分は飲めているのかという視点をもち観察します。
また、日々の食事内容や喫食量を把握し、そこで出た問題点について、医師・看護師・セラピスト
・他職種と連携しながら栄養状態の改善に取り組んでおります。
その他、食事でお困りの患者様の声にもなるべくお答え出来るように努めて参ります。

■栄養・食事相談
糖尿病・脂質異常症・高血圧症・肥満症・その他の疾患 個別での相談を受付しております。

入院個別相談(保険診療):月~土曜日 9:00~16:00 (予約優先制)
主治医の依頼により随時実施致します。
その他、食事についてお困りの方は、随時相談をお受け致します。お気軽にご相談ください。
お問い合わせ:0744-21-7200(代表) 栄養課まで

退院時食生活アドバイス
主治医の依頼により随時実施致します。
たとえば、食事作りが困難なひとり暮らし高齢者などに栄養に配慮した食事提案や
リハビリ目的とした食事作りなど退院時に向けての食生活についてアドバイス・ご相談をお受け致します。

リハビリ病院ならではの取組


  ■NST(栄養サポートチーム)活動  / リハビリ栄養(調整中)


  身体機能やADLの向上(リハビリ)、褥瘡(床ずれ)の改善も十分な栄養補給からと考えております。
  医師・看護師・薬剤師・検査技師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・社会福祉士・管理栄養士の
  各専門職とのチームを結成しました。
  各部署との連携により、チームでの医療の取り組みを目指しております。

  ◆ 栄養状態が低いままだとどうなるの?
  栄養状態が良好でリハビリをすると、筋肉増量を期待できるが、低栄養状態においては、
  かえって、栄養状態の悪化をもたらす可能性があります。

  ◆ 当院ではこんな取り組みをしています!

  ○リハビリによるエネルギー消費を考慮した、一人ひとりに見合ったエネルギー量の設定。
  ○低栄養患者様の体重増加を目指し、エネルギーの追加を検討。
  ○筋タンパクの合成促進のための十分なタンパク質の確保。
    →昼・夕食のおかずが4品つき、肉・魚・卵・大豆製品を積極的に取り入れています。

栄養課スタッフ

 栄養課スタッフ
  病院スタッフ(栄養管理,給食管理,事務,設備管理など)
       管理栄養士 2名

  給食委託会社スタッフ(給食業務全般) 委託会社名:イフスコヘルスケア(株)
  

         管理栄養士・栄養士    4名
         責任者・調理師    3名
         専門調理師    1名
         調理補助 11名


ページトップへ