ごあいさつ

ごあいさつ

理事長 あいさつ

 この度、社会医療法人平成記念病院の関連病院として、橿原市四分町に平成まほろば病院を開設することと致しました。
 平成記念病院は、平成5年9月に個人病院として開設され、翌年の平成6年9月には医療法人として運営し、平成25年4月には社会医療法人を取得した病院です。開設以来、現在に至るまで、一貫して「地域住民にとって必要とされる医療は何か」を常に求め続け、地域医療に貢献できるよう、職員が一丸となって努力してまいりました。
 当法人では、地域の救急医療・急性期医療はもちろんのこと、健康を取り戻し、元気に日常生活が営める手助けのためのリハビリテーションにも力を注いでおります。平成記念病院における回復期リハビリテーション病棟はもちろんのこと、退院後の患者さまに利用していただく、通所介護事業所「リハビリあ・える」(神宮前・田原本)も併設しております。
 この「平成まほろば病院」においては、平成記念病院のリハビリテーション医療を踏襲し、入院された患者さまの一日も早い社会復帰・在宅復帰をリハビリテーションを通して支援させていただくとともに、退院後も健康で元気な日常生活が出来るような体制で運用したいと思っております。さらに、時代のニーズに合う、新たなリハビリテーション技術の導入も行っていきたいと考えております。
 今後も当法人の職員は「病気を診るのではなく患者を診る病院」「安心と信頼を持っていただける病院」「真心を持って患者の皆様に接する病院」「地域住民の皆様に愛される病院」という理念の下、対応してまいります。
最後になりましたが、今後も地域の先生方と連携を取りながら、地域医療に貢献してまいりますので、皆さまの温かいご支援とご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。

理事長  青山 信房

院長 あいさつ

 畝傍山、耳成山、香具山の大和三山に囲まれた、風光明媚で歴史ある地に、平成まほろば病院を開院致しました。
 急速な少子高齢化社会の訪れと共に、心ならずも機能低下をきたす方も増加し、「もっとリハビリを」との声も多く、このたびリハビリテーションのさらなる充実を図るべく平成まほろば病院回復期リハビリテーション病棟を開設しました。古事記に「倭は国のまほろば たたなづく青垣 山隠れる倭しうるはし」と倭健命(ヤマトタケルノミコト)の歌があります。「まほろば」とは、素晴らしい場所、住みやすい場所を意味する日本の古語だそうです。できるかぎり適切な療養環境のもとで、人間の尊厳を大切にし、良質な医療を実践します。集中的で効率的なリハビリテーションを提供します。そしてチーム医療を推進し、一日でも早い家庭復帰や社会復帰を支援します。これらのことを基本方針とし、日々取り組んでまいります。
 当院は、平成記念病院はもとより、奈良県立医科大学はじめ近隣の病院・診療所、看護・介護の施設とも綿密に連携を取りながら、地域住民の命と健康を守り、地域に愛され、信頼される病院となるよう職員一同精一杯の努力をしてまいりますので、皆様方のご協力、ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

院長  鴻池 義純


ページトップへ