令和3年度 平成記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 3 54 45 61 120 258 494 1105 1105 324
60歳以上の患者様の占める割合が8割を超え、重症化しやすい高齢者の入院が非常に多い傾向にあります。
当院には小児科がなく、内科系疾患の15歳以下(中学生以下)の患者様を受け入れることができないため、10代以下の患者数が非常に少なくなっています。
年代別の主な疾患は、30歳代以下では、外傷が35%を占めています。その他では気胸、腹部の疾患(腸炎、虫垂炎、胆のう炎等)があり、歯科、口腔外科系疾患も多いです。40~60歳代では、外傷、悪性腫瘍(特に肺癌)、脳卒中(特に脳梗塞、非外傷性脳出血)、鼠径ヘルニア、胆のう結石、胆のう炎、新型コロナウイルス感染症が多いです。70歳代以上では、悪性腫瘍(特に肺癌)、肺炎、脳卒中、外傷(特に大腿骨、胸腰椎の骨折)、胆のう結石、心不全が多いです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 131 19.18 9.07 0.76 72.64
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 119 37.48 20.57 24.37 83.56
040040xx99041x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病あり 115 23.51 14.96 0.87 71.23
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 74 26.08 13.14 9.46 83.93
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 49 34.94 18.42 2.04 74.88
DPCコード、DPC名称について
 DPCとは病名や治療内容の組み合わせによって1日の入院料を決める計算方法です。
 各組合せに14桁のコードと名称があります。
平均在院日数とは病院に入院していた日数の平均値です。他院の数値は厚生労働省公表のものです。
転院率とは他の病院に転入院した数を各DPC毎の全退院数で割ったものです。
平均年齢は入院時の年齢の平均値です。

「肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置1なし 手術・処置24あり 副傷病あり」について
「肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置1なし 手術・処置24あり 副傷病なし」について
「処置2_4あり」は抗がん剤による治療を実施したことを表します。外来での抗がん剤投与が困難な患者様が入院となっています。
肺癌は当院の入院で最も症例数の多い疾患であり、化学療法に重点を置き治療を行っています。

「誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし」について
食べ物等の誤嚥による肺炎が対象となっています。
急性期治療によるベット上での安静により下肢筋力の低下などが認められた場合、早期にリハビリテーションを提供し、急性期治療後は、回復期リハビリテーション病棟もしくは地域包括ケア病棟にて療養していただくこともあり、入院期間が長くなっています。
一般病棟のみの平均在院日数は17.4日です。

「腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし」について
主に尿路感染症、急性腎盂腎炎が対象となっています。
急性期治療によるベット上での安静により下肢筋力の低下などが認められた場合、早期にリハビリテーションを提供し、急性期治療後は、
回復期リハビリテーション病棟もしくは地域包括ケア病棟にて療養していただくこともあり、入院期間が長くなっています。
一般病棟のみの平均在院日数は16.7日です。

「間質性肺炎 手術・処置等2なし」について
間質性肺炎は肺胞の壁に炎症や損傷が起こり、壁が厚くなるため(線維化)、酸素を取り込みにくくなる病気です。
急性増悪時の呼吸不全等の管理、治療、呼吸器リハビリテーション等に努めています。
急性期治療によるベット上での安静により下肢筋力の低下などが認められた場合、早期にリハビリテーションを提供し、急性期治療後は、回復期リハビリテーション病棟もしくは地域包括ケア病棟にて療養していただくこともあり、入院期間が長くなっています。
一般病棟のみの平均在院日数は19.1日です。
消化器・乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 53 3.92 4.74 0.00 69.28
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 45 5.69 6.25 0.00 63.47
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 7.64 7.11 6.03 64.70
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術 (腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1なし 19 8.58 10.15 0.00 69.11
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 17 5.12 5.40 0.00 50.18
DPCコード、DPC名称について
 DPCとは病名や治療内容の組み合わせによって1日の入院料を決める計算方法です。
 各組合せに14桁のコードと名称があります。
平均在院日数とは病院に入院していた日数の平均値です。他院の数値は厚生労働省公表のものです。
転院率とは他の病院に転入院した数を各DPC毎の全退院数で割ったものです。
平均年齢は入院時の年齢の平均値です。

「鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等」について
主に鼠径ヘルニア、腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術の患者様が対象となっています。予定入院の場合、入院期間は4日前後となっています。
7割弱が腹腔鏡による手術となっています。

「胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等」について
主に胆のう結石、腹腔鏡下胆嚢摘出術の患者様が対象となっています。予定入院の場合、入院期間は5日前後となっています。

「胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」について
主に胆石性胆のう炎、腹腔鏡下胆嚢摘出術の患者様が対象となっています。予定入院の場合、入院期間は5日前後となっています。

「乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術 (腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし」について
主に乳癌、乳腺悪性腫瘍手術の患者様が対象となっています。
通常予定入院で入院期間は9日前後となっています。

「虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等」について
虫垂炎は、救急受診にて手術適応と判断された場合、当日または翌日に腹腔鏡下手術が行われています。
入院期間は5日前後となっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 45 13.40 9.78 11.11 81.07
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 16.34 8.30 2.44 76.61
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 32.29 18.90 9.52 71.14
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 7.50 7.22 10.00 65.30
010200xx01x00x 水頭症 水頭症手術 脳室穿破(神経内視鏡術によるもの)等  手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
DPCコード、DPC名称について
 DPCとは病名や治療内容の組み合わせによって1日の入院料を決める計算方法です。
 各組合せに14桁のコードと名称があります。
平均在院日数とは病院に入院していた日数の平均値です。他院の数値は厚生労働省公表のものです。
転院率とは他の病院に転入院した数を各DPC毎の全退院数で割ったものです。
平均年齢は入院時の年齢の平均値です。

「頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし」について
主に慢性硬膜下血腫、慢性硬膜血腫穿孔洗浄術の患者様が対象となっています。
ほとんどが緊急入院で、当日手術となることが多く、ほとんどが10日以内の入院期間となりますが、在宅復帰に不安のある患者様やリハビリテーションが必要と医師により判断
された患者様は急性期治療終了後、回復期リハビリテーション病棟もしくは当院の同一法人でリハビリテーション専門病院「平成まほろば病院」での療養となることもあります。
一般病棟のみの平均在院日数は12.3日です。

「頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」について
主に外傷性くも膜下出血、脳挫傷等で頭部外傷の保存療法が対象となります。
ほとんどが緊急入院で、半数の方は1~2週間以内の入院期間となりますが、在宅復帰に不安のある患者様やリハビリテーションが必要と医師により判断
された患者様は急性期治療終了後、回復期リハビリテーション病棟もしくは当院の同一法人でリハビリテーション専門病院「平成まほろば病院」での療養となることもあります。
一般病棟のみの平均在院日数は13.1日です。

「非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」について
主に脳出血にて緊急入院の保存療法、他病院で治療後のリハビリテーション目的の患者様が対象となっています。
急性期治療後、回復期リハビリテーション病棟もしくは当院の同一法人でリハビリテーション専門病院「平成まほろば病院」にてリハビリテーション等の在宅復帰を
目指した治療・支援を行います。
一般病棟のみの平均在院日数は17.7日です。

「てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」について
主にてんかん発作の患者様が対象となっています。
急性期治療後、回復期リハビリテーション病棟もしくは当院の同一法人でリハビリテーション専門病院「平成まほろば病院」にてリハビリテーション等の在宅復帰を
目指した治療・支援を行う場合もあります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 106 54.33 25.32 21.70 82.32
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 79 37.42 19.34 31.65 81.33
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 32 7.50 4.99 0.00 64.22
160680xx97xx0x 手関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 25 6.04 4.23 0.00 39.24
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 23 49.65 23.02 0.00 77.35
DPCコード、DPC名称について
 DPCとは病名や治療内容の組み合わせによって1日の入院料を決める計算方法です。
 各組合せに14桁のコードと名称があります。
平均在院日数とは病院に入院していた日数の平均値です。他院の数値は厚生労働省公表のものです。
転院率とは他の病院に転入院した数を各DPC毎の全退院数で割ったものです。
平均年齢は入院時の年齢の平均値です。

「股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等」について
主に、大腿骨頚部骨折、骨折観血的手術もしくは人工骨頭挿入術の患者様が対象となっています。
急性期治療後、回復期リハビリテーション病棟もしくは当院の同一法人でリハビリテーション専門病院「平成まほろば病院」にてリハビリテーション等の在宅復帰を目指した治療・支援を行います。
一般病棟のみの平均在院日数は18.0日です。

「胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし」について
主に胸椎腰椎圧迫骨折の患者様が対象となっています。
急性期治療後、回復期リハビリテーション病棟もしくは当院の同一法人でリハビリテーション専門病院「平成まほろば病院」にてリハビリテーション等の在宅復帰を目指した治療・支援を行います。手術もないため、平成まほろば病院に転院してリハビリを行うことが多い疾患です。
一般病棟のみの平均在院日数は10.1日です。

「前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし」について
主に橈骨遠位端骨折、骨折観血的手術の患者様が対象となっています。
手術後、地域包括ケア病棟にて療養することもあります。
一般病棟のみの平均在院日数は4.5日です。

「手関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし」について
主に橈骨尺骨遠位端骨折、骨折観血的手術の患者様が対象となっています。
手術後、地域包括ケア病棟にて療養することもあります。
一般病棟のみの平均在院日数は3.9日です。

「膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等」について
主に変形性膝関節症、人工膝関節置換術の患者様が対象となっています。
急性期治療後、回復期リハビリテーション病棟にてリハビリテーション等の在宅復帰を目指した治療・支援を行います。
一般病棟のみの平均在院日数は12.1日です。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 39 19.62 15.63 12.82 71.97
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 31.44 17.86 14.81 78.74
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 18.04 7.22 7.69 62.15
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 23 7.22 4.92 0.00 73.91
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 19 28.37 15.57 21.05 78.00
DPCコード、DPC名称について
 DPCとは病名や治療内容の組み合わせによって1日の入院料を決める計算方法です。
 各組合せに14桁のコードと名称があります。
平均在院日数とは病院に入院していた日数の平均値です。他院の数値は厚生労働省公表のものです。
転院率とは他の病院に転入院した数を各DPC毎の全退院数で割ったものです。
平均年齢は入院時の年齢の平均値です。


「脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2」について
主に脳梗塞の患者様が対象となっています。「手術・処置24あり」とはエダラボンという注射薬を投与して治療したことを表します。
エダラボンの効能は脳梗塞急性期に伴う神経症候,日常生活動作障害,機能障害の改善です。
急性期治療後、回復期リハビリテーション病棟もしくは当院の同一法人でリハビリテーション専門病院「平成まほろば病院」にてリハビリテーション等の在宅復帰を目指した治療・支援を行います。症状により1~2週間で退院となる場合もあります。
一般病棟のみの平均在院日数は14.7日です。

「パーキンソン病 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし」について
主にパーキンソン病の患者様が対象となっています。
急性期治療後、回復期リハビリテーション病棟もしくは当院の同一法人でリハビリテーション専門病院「平成まほろば病院」にてリハビリテーション等の在宅復帰を目指した治療・支援を行います。症状により1~2週間で退院となる場合もあります。
一般病棟のみの平均在院日数は13.9日です。

「てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」について
主にてんかん発作の患者様が対象となっています。
急性期治療後、回復期リハビリテーション病棟もしくは当院の同一法人でリハビリテーション専門病院「平成まほろば病院」にてリハビリテーション等の在宅復帰を目指した治療・支援を行う場合もあります。
一般病棟のみの平均在院日数は9.4日です。

「前庭機能障害 手術なし」について
主にめまい症の患者様が対象となっています。
入院期間は1週間以内で退院となることが多いです。

「脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2」について
主に脳梗塞の患者様が対象となっています。「手術・処置22あり」はリハビリテーションを行ったことを表します。
急性期治療後、回復期リハビリテーション病棟もしくは当院の同一法人でリハビリテーション専門病院「平成まほろば病院」にてリハビリテーション等の在宅復帰を目指した治療・支援を行います。
一般病棟のみの平均在院日数は15.7日です。

JCSとは入院時の意識障害の有無を表しています。0~300まであります。
JCS10は「刺激すると覚醒する。呼びかけで容易に開眼する。」程度を表しています。

「発症前Rankin Scale」とは脳梗塞発症前の障害の程度を評価したものです。
0 まったく症候がない。 
1 明らかな障害はない:日常の勤めや活動は行える。
2 軽度の障害:自分の身の回りのことは介助なしで行える。
3 中等度の障害:何らかの介助を必要とするが、歩行は介助なしに行える。
4 中等度から重度の障害:歩行や身体的要求には介助が必要である。
5 重度の障害:寝たきり、失禁状態、常に介護と見守りを必要とする。
歯科口腔外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 32 4.50 4.66 0.00 50.72
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 3 13.67 13.07 0.00 88.33
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 2 4.00 7.24 0.00 75.50
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 1 9.00 5.16 0.00 76.00
DPCコード、DPC名称について
 DPCとは病名や治療内容の組み合わせによって1日の入院料を決める計算方法です。
 各組合せに14桁のコードと名称があります。
平均在院日数とは病院に入院していた日数の平均値です。他院の数値は厚生労働省公表のものです。
転院率とは他の病院に転入院した数を各DPC毎の全退院数で割ったものです。
平均年齢は入院時の年齢の平均値です。

「骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし」について
主に上顎骨または下顎骨良性腫瘍、顎骨腫瘍摘出術の患者様が対象になっています。
入院期間は4日前後となっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 14 - - - - 11 1 8
大腸癌 - 12 - - - - 1 8
乳癌 - 13 - - - - 1 8
肺癌 - - - 36 - 563 1 8
肝癌 - - - - - - 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌について退院患者数を初発(UICC病期分類別)と再発にわけて集計しています。
UICC病期分類とは、国際対がん連合(UICC)によって定められた、原発巣の大きさと進展度、所属リンパ節への転移状況、遠隔転移の有無の3つの要素によって各癌をⅠ~Ⅳ期に分類するものです。
Ⅳ期となるほどがんが広まっている状態となります。
不明はなんらかの事情で精密検査を実施していなかったため分類不能でした。

初発:自施設において、当該腫瘍の診断、診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合を指します。
再発:自施設・他施設を問わずに初回治療が完了した後、自施設にて患者を診療した場合や、治療がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。

病期分類基準「1」とはUICC病期分類を指します。

版数とはUICC病期分類が第8版まであり、当院は8版にてDPC調査報告を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 15 13.93 61.47
中等症 84 24.32 78.92
重症 22 41.55 80.41
超重症 - - -
不明 - - -
成人市中肺炎とは15歳以上で普段の社会生活の中でかかる肺炎のことです。
集計の対象は細菌による肺炎及び細菌によるものと思われる肺炎となっています。
ウイルス性肺炎、誤嚥性肺炎、急性気管支炎等は対象となっていません。
平均在院日数とは病院に入院していた日数の平均値です。
平均年齢は入院時の年齢の平均値です。
重症度
 年齢:男性70歳以上、女性75歳以上
 脱水:BUN21mg/dL以上または脱水あり
 呼吸:SpO2≦90% (動脈血中のヘモグロビンが酸素とどのくらい結合しているかを%で表示したもの)
 意識障害:意識障害あり
 収縮期血圧:収縮期血圧90mmHg以下 (血圧120/80の場合120の方)
 5点満点で、上記1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点となります。

軽症:0点の場合。
中等症:1~2点の場合。
重症:3点の場合。
超重症:4~5点の場合。ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症となります。
不明:重症度分類の各因子が1つでも不明の場合。

重症度が高くなるにつれて、年齢が高くなり、入院期間が長くなる傾向にあります。当院では、肺炎治療によるベット上での安静により下肢筋力の低下などが認められた場合、早期にリハビリテーションを提供し、急性期治療後は、回復期リハビリテーション病棟もしくは地域包括ケア病棟にて在宅復帰に向けた支援を行っています。
令和2年度の平均在院日数と比較すると、軽症6.4日短くなっています。中等症4.61日、重症4.77日長くなっています。当院は他病院と比較して肺炎での一般病棟の入院期間が非常に長い傾向にあるので、現在、肺炎の一般病棟の入院期間の短縮に努めています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 168 42.3 78.61 17.97
その他 49 43.18 76.41 4.61
ICD10とは傷病名がコード化され、疾病、傷害及び死因の統計分類のために用いられます。
平均在院日数とは病院に入院していた日数の平均値です。
転院率とは他の病院に転入院した数を各傷病名毎の全退院数で割ったものです。

3日以内の急性期脳梗塞の患者様の平均年齢は約78歳であり、高齢の方が発症することが多い症例です。当院では約2~3週間の急性期の治療後、回復期リハビリテーション病棟もしくは当院の同一法人でリハビリテーション専門病院「平成まほろば病院」にてリハビリテーション等の在宅復帰を目指した治療・支援を行います。また、当院では他の病院で急性期治療を終えられ、継続してリハビリの必要な患者様の受け入れも行っているため「発症から:その他」の患者数も多くなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 87 4.68 49.85 12.64 79.22
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 69 2.14 19.36 2.90 66.88
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 55 4.45 45.51 25.45 82.71
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 42 1.52 45.50 0.00 75.00
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術 前腕、下腿 29 0.83 2.79 0.00 44.66
緊急入院の患者様もおられるため、平均術前日数が2日となっています。
骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿)と人工骨頭挿入術(肩、股)の大部分は大腿骨頚部骨折に対して行われることが多い手術です。緊急入院の患者数がほとんどで、入院後平均4日前後で手術が行われます。
急性期治療後、回復期リハビリテーション病棟にてリハビリテーション等の在宅復帰を目指した治療・支援を行います。
骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨)は、ほとんどが予定入院となるため入院翌日の手術となります。
人工関節置換術(肩、股、膝)は、変形性股関節症や変形性膝関節症に対して行われます。
予定入院となるため、入院翌日の手術となります。
骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕、下腿)は骨折などで骨固定材料による手術が行われた症例に対し、骨固定材料を除去・摘出するために行われることが多い手術です。
予定入院となるため、入院当日もしくは翌日の手術となります。
消化器・乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 81 0.84 7.23 1.23 64.96
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 36 0.92 2.00 0.00 65.64
K7193 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 19 3.68 17.16 10.53 76.63
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 17 1.06 1.88 0.00 77.00
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 17 0.29 3.82 0.00 50.18
Kコード・名称は厚生労働省による診療報酬点数表に基づいたものです。
平均術前日数とは入院日から手術日までの日数の平均です。手術日当日は含みません。
平均術後日数とは手術日から退院日までの日数の平均です。手術日当日は含みません。
転院率とは他の病院に転入院した数を各手術毎の全退院数で割ったものです。

腹腔鏡下胆嚢摘出術は主に胆のう結石、胆のう炎に対する手術で、ほぼ予定入院となり、入院翌日の手術となります。予定入院の場合、入院期間は6日前後となっています。
腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術と鼠径ヘルニア手術はほぼ予定入院となり、入院翌日の手術となります。
入院期間は4日前後となります。なお、(両側)となっていますが、「片側」の手術でもこの名称となります。
結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)は主に大腸癌に対する手術で、ほぼ入院予定となり、入院当日もしくは翌日の手術となります。入院期間は20日前後となっています。
腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)は主に急性虫垂炎に対する手術で、ほぼ緊急入院となり、入院当日もしくは翌日の手術となります。入院期間は5日前後となっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 40 2.00 16.85 10.00 81.15
K1742 水頭症手術 シャント手術 - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの - - - - -
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 硬膜下のもの - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
Kコード・名称は厚生労働省による診療報酬点数表に基づいたものです。
平均術前日数とは入院日から手術日までの日数の平均です。手術日当日は含みません。
平均術後日数とは手術日から退院日までの日数の平均です。手術日当日は含みません。
転院率とは他の病院に転入院した数を各手術毎の全退院数で割ったものです。

慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術はほぼ緊急入院で当日手術となることが多い手術です。ほとんどが10日ほどの入院期間となりますが、在宅復帰に不安のある患者様やリハビリテーションが必要と医師により判断された患者様は急性期治療終了後、回復期リハビリテーション病棟での療養となることもあります。
歯科口腔外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4362 顎骨腫瘍摘出術(長径3cm以上) 30 1.00 2.67 0.00 50.03
K384-2 深頸部膿瘍切開術 - - - - -
Kコード・名称は厚生労働省による診療報酬点数表に基づいたものです。
平均術前日数とは入院日から手術日までの日数の平均です。手術日当日は含みません。
平均術後日数とは手術日から退院日までの日数の平均です。手術日当日は含みません。
転院率とは他の病院に転入院した数を各手術毎の全退院数で割ったものです。

顎骨腫瘍摘出術は上顎または下顎にできた良性腫瘍を摘出する手術です。予定入院となり、入院翌日の手術となります。入院期間は4日前後となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.29
異なる - -
各項目の説明
DPC:14桁あるDPCコードのうち、疾患を表す6桁のコードを表示しています。
傷病名
 播種性血管内凝固(はしゅせいけっかんないぎょうこ、略語:DIC)
  全身の細小血管に微小な血栓が多発し、凝固因子や血小板が消費され、虚血性臓器不全と出血傾向が現れる病態。基礎疾患は多様。
 敗血症(はいけつしょう)
  何らかの細菌やウイルスに感染することによって全身にさまざまな影響がおよび、心臓、肺などの体の重要な臓器の機能不全が現れる病態。
 真菌感染症
  真菌(カビのようなもの)によって引き起こされる感染症。
 手術・処置等の合併症
  手術後の感染症、人工関節の不具合、内固定材の不具合、針治療による気胸、尿路系カテーテによる感染症等の合併症。
入院の契機
 入院の契機となった病名が当該病名と同じであったか否かにわけて集計しています。
 同一:その疾患を治療することを目的で入院したことを指します。
 異なる:入院時の疾患を治療中、もしくは治療後に発症し、その疾病がその入院の治療の主になったことを表しています。
請求率
 全退院患者数のうち、該当する疾患の入院費請求数の割合。
 
手術や処置等は合併症が起こらないよう、医師、看護師およびその他の医療従事者が一丸となって細心の注意を払って治療を行っていますがどうしても一定の確率で起こり得ます。
 また、医療安全対策委員会、感染対策委員会等で手術後の合併症や入院中の転倒転落が0に近づくよう日々対策を考え、職員への研修を行い、実践しています。
更新履歴
掲載開始:2022年9月27日
対象期間:2021年4月~2022年3月