ごあいさつ

看護部長のあいさつ


社会医療法人 平成記念病院 看護部は病院の理念と方針に基づき、患者様の生活の質の向上を目指し、その人らしく生活できるよう、誠意ある看護を実践するため努力することを理念としています。

入院された患者様が治療やリハビリを終えられ、安心して元居た生活の場所へ退院できるように、医師・セラピスト、薬剤師、社会福祉士、介護職等と協働し、チームの一員として主体的に行動出来る看護師を目指しています。

2025年問題に向けて、地域包括ケアシステムの構築が急がれる中、平成記念病院は地域に根ざした医療機関として、救急・外来医療、急性期治療、集中的にリハビリテーションを提供する回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟が、それぞれの機能を十分に発揮し、そして在宅を支援するチームの方々と、顔の見える連携を密にしていくことが求められます。

地域住民の健康問題を改善するとともに、さらに、その問題を回避し安定した生活を再構築する支援ができるよう努力して参ります。
今後ともご指導、ご支援のほど宜しくお願い致します。





看護部長 佐々木 喜代美