活動内容|社会医療法人平成記念病院
教育制度

教育制度

当院では「共育」をモットーとしています。先輩・後輩・同僚・看護部以外の職種など、みんなが共に学び合い教え合うことを言います。
医療・看護の世界は日進月歩で、一人でいろいろなことを勉強するのは大変ですよね。でもそれぞれが勉強した知識をみんなに教えれば、みんなたくさんの知識を得る事が出来ます。
私達の病院ではそういった職場風土が根付いています。

新人教育プログラム・プリセプターシップ

プリセプター制度とは
1人の新人看護師(プリセプティ)に対し、3~4年目の看護師(プリセプター)が、マンツーマンで教育を行います。
プリセプター制度のメリットとしては、プリセプティがリアリティーショックを予防し、職場にスムーズに適応できるように援助することにあります。
看護実践を通して、必要な知識と技術を身につけられるように指導するとともに、プリセプター自身が役割を通して指導者として成長することも、目標のひとつです。
当院では、個人の性格や個性も配慮しプリセプティとプリセプターがうまくマッチングするようにしています。
また、プリセプターだけが新人看護師に気を配るのではなく、病棟全体で見守ります。
さらに、新人教育委員会に各新人看護師の情報を集約し共有することで、看護部全体で新人看護師を見守りサポートできる体制をとっています。

新人教育プログラムプリセプターシップ
4月 新人オリエンテーション
組織とは病院・看護部の理念、基本方針・保助看法・倫理綱領・看護部目標、事業計画
病棟オリエンテーション
プリセプターと行動を共にし、業務を見学・実施します。一日の業務の流れをつかみます。また、様子を見ながら、受け持ちを開始します。
5・6月 プリセプティ研修
社会人意識の確立 / プリセプター・プリセプティの役割 / お互いが抱えている問題の共有
*入職をして1カ月、そろそろ疲れも出てきています。同期の仲間と自分が抱えている問題を共有します。
☆報告・申し送りが出来るようになります。また、情報収集をし、看護計画を立案・評価、それに沿って看護展開でできるようになります。
7月 輸液・シリンジポンプの使用方法を身につける
夜間の看護を知り、流れをつかみます
8月 夜勤業務が1人でできるようになる
(夜勤については個々のレベルに合わせて開始します)
8~10月 ローテーション研修
他病棟を見学・体験
9月 組織においての役割
報告・連絡・相談 / 対人影響力の技法を身につける
自己の振り返りと課題を見出す
情報を的確に収集し看護計画に合致した看護展開ができるようになる
カンファレンスに参画できるようになります
他部門と情報交換ができ、リーダーに報告が出来るようになります
6ヶ月を振り返り、これからの目標を明確にします

新人教育委員会メンバーT・Kさん(内科病棟勤務)のコメント

新人看護師 K・Iさん(外科病棟勤務)のコメント

新人教育プログラムプリセプターシップ

中途入職者教育プログラム

目的:既卒者の背景はさまざまなので複数の職種で実証されている動機づけ・衛生倫理を活用し、満足・不満足要因に働きかけます。

【業務面】

■既卒者オリエンテーションマニュアルの整備
①スケジュールと内容および担当者:個々の経験に応じたスケジュールが立案できるように日程の記載が出来る一覧にする
②所属の専門的な看護技術チェック表:3段階で個々の希望を優先し調整する。
③他委員会研修の参加調整を行う(例:新人研修、全体研修等)
④師長・主任・指導者などがどのように指導及びサポートするのかを明らかにする

■看護基準および看護手順の整備
業務の確認が有効にできる看護基準及び看護手順であるように、定期的に改訂しながら整備する

【心理面】

■入職時 辞令交付後、所属部署の師長より所属へ案内する
病院・病棟オリエンテーション
指導担当者・指導者の紹介
サポート体制の説明
■1週目 本人と指導者との面談(1週間を振り返り個々の悩み・思いを聞き今後の課題目標を見出す)
■2週目~1ヶ月 面接
①メンタルケア:不安の軽減及びメンタル面でのスクリーニング
②認識の排泄物の除去:不満や不平など所属では話しにくいことを話せる場をつくる
■2~3ヶ月 茶話会1:仲間作り
①看護を語ろう:目指す看護を語りながら、同じ立場の人と時間を共有する
②看護部への提言:自分の経験を活かし、感じることを提言として整理する
③指導者からのメッセージ:エピソードを含めボジティブフィードバック
■6ヶ月 茶話会2:自己認証と他者からの承認
①頑張った自分たちを認めよう:6ヶ月を振り返り、自分で自分の頑張ったことを認める
②仲間からのメッセージ:部署からの肯定メッセージカード
■1年目 1年の振り返り:サポート体制への意見・要望・乾燥等
面接
① 状況や気持ちなどを聞き、継続対策を一緒に考え相談する
② 継続困難な理由を率直に語ってもらう:今後の職場改善の参考にする

年間研修スケジュール

平成27年度 看護部教育計画
1.看護師の段階に合わせた研修を提供し患者への気配りができ、寄り添える看護師を育成する。
2.看護専門職として問題意識を持ち、学習や研究に 取り組むことが出来る看護師を育成する。


レベルⅠ
目標:組織業務に慣れ、指示やマニュアルなどに従って、基本的な定型業務を無難に処理することができる
4月 新人オリエンテーション(対象:新規採用者)
●看護師の役割と責務を果たすことができる
●日常生活援助のための基礎知識・技術・態度を見につけ、安全確実に実践できる
  • 病院組織と理念・保助看法
  • 看護倫理
  • 看護記録
  • 感染
  • 接遇
  • 医療安全・事故防止
  • 救急処置の理解
  • 看護技術・知識の習得
  • 看護協会・看護連盟
6月 プリセプティー研修(対象:入職3ヶ月)
●チームの中でのプリセプティーの役割を確認する
  • 社会人意識の確立
  • プリセプター・プリセプティーの役割
  • 抱えている問題の共有
7月 看護技術/輸液ポンプ/シリンジポンプ(対象:新規採用者)
●輸液・シリンジポンプの使用方法をみにつける
輸液ポンプ・シリンジポンプの使用方法・注意事項
8~10月 ローテーション研修
9月
(2回に分けて)
プリセプティ研修(対象:入職6ヶ月)
●組織やチーム内での自分の役割を認識し、メンバーの一員として行動できる
  • 組織においてメンバーとしての役割を果たす
    ①報告・連絡・相談
    ②対人影響力の技法を身につける
  • 自己の振り返りと課題を見出す
    *自ら学ぼうとする姿勢を持ち、意欲的に技術の習得をする(シュミレーション研修)
2・3月 プリセプティ研修(対象:入職1年)
●自己を評価し、2年目に向けての目標を明確にする
  • 組織やチームでの役割を再認識する
  • 日常生活援助のためのケアが安全確実に実践できる(シュミレーション研修
  • 院内研修・看護実践を通して看護に知識を深められる
■レベルⅡ
目標:
   ①看護に必要な知識・技術を身につけ、自立的に看護業務が逐行できる。
   ②チームメンバーの役割と責任を果たすことができる。
6月

11月


10月30日
固定チームナーシング研修 固定チームナーシングでの役割を学ぶ

急変時シミュレーション  急変時、的確に行動ができるようにシミュレーションを通じて
             適切な対応につなげる

急変予測と対応      看護協会教育計画参照
■レベルⅢ
目標:
     ①エビデンスに基づいた看護が実践でき、リーダーシップが発揮できる。
     ②プリセプターとしての役割を果たす事ができる。 
 7月

 6月

11月

12月 


11月
固定チームナーシング研修    固定チームナーシングでの役割を学ぶ  

論文作成方法          既存の論文を参考に、論文としての文章の書き方を学ぶ          

パワーポイント         パワーポイントの基本を学ぶ

伝達講習            ※看護協会教育計画の中の研修で11月までのいずれかに参加
                 院内で伝達する。  

ケーススタディ:院内発表

■レベルⅣ
目標:
   ①状況に応じたリーダーシップが発揮できる。
   ②学生や後輩に指導ができる。
 
 6月27日

 7月18日

 9月24日

10月26日


 6月頃

11月頃

看護研究の基礎を学ぶ (意義・研究倫理)

看護研究に活用できる (統計学)

看護研究質的研究 (質的研究)

看護研究量的研究 (量的研究)


論文作成方法

パワーポイントの作り方
■レベルⅤ
目標:
    ①個別なケアが提供でき、責任ある看護が実践できる。
    ②専門性を発揮し、主体的に行動できる。 
7月3日

10月27日
11月19日
11月24日
対人援助の基礎知識

OJT指導に活かすフィジカルアセスメント研修
OJT指導に活かすフィジカルアセスメント研修
OJT指導に活かすフィジカルアセスメント研修
■レベルⅥ
目標:
    ①管理的視点で問題状況が把握でき、解決する為の方法が検討できる。
    ②専門領域における看護が実践できる。
6月2日

7月4日、5日

12月11日

1月13日

2月13日
中堅看護職員の為のコミュニケーション術

全国看護セミナー 地域包括ケア時代の良い在宅支援に向けて

家族介護

在宅支援における看護職の役割

地域包括ケアの実現に向けて
■師長:主任:副主任
目標:
   ①看護実践の役割モデルができる。
   ②経営的視点を持ち、管理実践と教育的指導ができる
6月19日

7月2日

7月27日・28日

11月25日

 8月
11月

10月
看護関係法規

看護倫理

看護サービス提供論

管理に必要なマネジメント力

倫理事例検討会
倫理事例検討会

労務管理
■全体研修
5月 看護部の展望(対象:全体)
●看護の動向を学び、看護の質の向上を図る
  • 看護界の現状把握と分析
  • 看護部の課題
6月 看護記録(対象:全体)
●記録の意味を再認識することで、効率的かつ的確な内容の充実を図る
  • 患者参加型記録の書き方
  • 不要な経過記録の省略
1・10月 伝達講習(対象:全体)
●看護学会・研修の学びを実践に活かすことができる
各学会・研修での学びを共有する
2月 看護研究発表(対象:全体)
●臨床現場での学びの成果を発表し、実践に活かすことができる
卒後4年の研究発表