看護部について

看護部の紹介

看護体制

■一般病棟 7:1の看護配置。看護体制は2交代制です。
■回復期病棟は入院基本1算定の13:1看護配置で2交代制です。
■外来・中央手術室は、変則2交代制です。

看護方式

よりよい看護実践のための病棟特性に応じた看護方式を導入・検討しています。

■一般病棟では固定チームナーシング(継続受け持ち制)
■回復期病棟ではチームナーシング

チーム医療

より質の高い医療を提供するために、職種の枠を超えたチーム医療に取り組んでいます。医師・看護師・検査技師・管理栄養士・リハビリセラピストなどが、専門知識と技術を発揮して、チームを結成し、患者様の治療に取り組んでおります。

■医療安全
■栄養サポートチーム(NST)
■褥瘡対策 など

部署の紹介

一般病棟(外科・口腔外科)
6階病棟は外科系の混合病棟です。いつも元気のいいスタッフが素敵な笑顔で看護介護を提供しています。頼りになる男性看護師も活躍しています。
一般病棟(外科・口腔外科)
地域包括ケア病棟(4南)
医師・ST・OT・PT等多数のセラピスト・NSでチームカンファレンスが活発に行われています。
質の高いサービスが好評です。 回復期病棟(4南)


支援体制

認定看護師を目指す看護師 に対し、「認定看護師資格取得支援制度」を設けております。
職員の中にはこの支援制度を利用して「皮膚・排泄ケア」の認定看護師を取得して褥瘡対策管理室の主要メンバーとして活躍する職員がいます。

育児・介護をしながら、働き続けられる職場環境作りに取り組んでいます。
子育てや介護の時期を迎え「仕事を続けていくことができるか」と、誰しも不安になると思います。
当院では、ワークライフバランスへの取り組みとして、2011年3月1日より短時間正職員制度を導入しました。
またその他にも、個人のライフステージに応じて働き続けることができるように、多様な勤務形態を取り入れています。
仕事と生活の両立に向けた支援策を用意していますので、お気軽にご相談下さい。

※ 多様な勤務形態とは・・・
日勤常勤職員・夜勤専従職員・夜勤選択制・短時間正職員・パートタイマー等 。