当院について

院長挨拶


当院は、平成5年に発足し平成6年に医療法人となり、平成25年に現在の社会医療法人となりました。中南和地域の救急医療の一翼を担い、かつ奈良医大付属病院にもっとも近い病院として高度医療を提供しております。当院に必要な高度医療機器を可能な限り最新の機器に更新しており、一般病床180床を救急医療、急性期医療の病床とし、地域の皆様に安心して診察および治療を受けてもらえるように日々努力しております。
急性期および回復期リハビリテーション医療にも重点的に取り組み県内随一のリハビリスタッフを有効利用して、着実に成果を積み重ねてまいりました。リハビリの入院治療のために回復期リハビリテーション病床90床を運用し、さらにロボット医療にも目をむけて歩行支援ロボットを導入し、一層のリハビリの質的向上を図っています。
急性期を過ぎて自宅あるいは施設にもどる準備のための30床の地域包括ケア病床も設けております。
法人内には、回復期リハビリテーションを提供する平成まほろば病院、介護老人保健施設鷺栖の里、通所介護支援事業所リハビリあ・える田原本、通所介護施設リハビリあ・える神宮前、居宅介護支援事業所しじょう、訪問看護ステーションあおいなどがあり、医療と介護が円滑に進められるように職員一同努力致しております。さらに福祉法人として特別養護老人ホームたかとりを利用していただいております。
今後2025年にむけて地域医療計画が具体化されるとともに今まで以上に病院と病院の連携、病院と診療所の連携、病院と施設の連携が必要とされ、在宅医療を基礎として、地域の医療は地域で完結する流れになってくると思われます。今後とも中南和地域の救急医療・急性期医療・回復期医療に貢献しつつ、地域の介護や在宅医療にも責任を果たす所存でございます。
最後に「安心と信頼を持っていただける病院」「地域住民の皆様に愛される病院」となるべく努力し、地域の皆様方に喜んでいただけるように頑張ります。皆様には今後とも御支援・御協力をお願い申し上げます。


平成31年4月1日

平成記念病院
院長 西村 義明