各科紹介

消化器外科/乳腺外科 (2017年7月現在)

患者および家族に対して丁寧な説明と患者の希望に沿った治療方針と治療方法の確立、クリニカルパスを用いた標準的な治療を行うこと。
よりよい治療のためには、他施設への紹介を躊躇しないこと。
他施設の受診を希望する患者には、紹介状と必要な資料を提供すること。
緩和ケアも積極的な麻薬の使用などで対応すること。
以上を当科の原則として地域医療に貢献いたします。

消化器外科 診療医師一覧

 
担当医 川口
木下
池田
大山 川口 大山 木下
※午後は予約診となります。

担当医

部長・医局長
大山孝雄

専門分野:消化器・一般外科全般、特に肝・胆・膵領域

取得資格:日本外科学会:外科認定医、外科専門医、外科指導医、医学博士
日本消化器外科学会:消化器外科認定医、消化器外科専門医、消化器外科指導医、消化器がん外科治療認定医

所属学会:日本外科学会、日本消化器外科学会、日本臨床外科学会、日本内視鏡外科学会、日本肝胆膵外科学会、日本外科系連合学会、日本癌治療学会、日本食道学会、日本大腸肛門病学会、日本移植学会、近畿外科学会評議員、膵・膵島移植研究会

医員
川口千尋

取得資格:日本外科学会:外科認定医、日本消化器外科学会:専門医、消化器がん外科治療認定医

所属学会:日本外科学会、日本消化器外科学会、日本肝胆膵外科学会、日本臨床外科学会
日本癌治療学会、日本消化器病学会、日本内視鏡外科学会、日本消化器内視鏡学会

医員
木下正一

取得資格:日本外科学会専門医、消化器外科学会専門医、消化器がん外科治療認定医
検診マンモグラフィー読影医

所属学会:日本外科学会、日本消化器外科学会、日本肝胆膵外科学会、
日本癌治療学会、日本膵臓学会、日本臨床外科学会、日本内視鏡外科学会、日本消化器内視鏡学会

消化器外科

化管(食道、胃、小腸および大腸)、消化器実質臓器(肝臓、胆嚢・胆管、膵臓、脾臓)の良性・悪性疾患に対する診断と治療。また鼠径ヘルニアなどの腹壁疾患に対する診断と治療。

1) 一般的な開腹手術と腹腔鏡を用いた胆嚢摘出術
2) 鼠径ヘルニアに対しては、脊椎麻酔(半身麻酔)や侵襲の少ない局所麻酔での手術
3) 大腸内視鏡検査および内視鏡的ポリープ切除術(ポリープ切除術は安全のために1泊2日の入院が必要)
4) 学会で認められた標準的な抗癌剤治療

大腸内視鏡検査

S状結腸内視鏡検査(緊急時は随時)、全大腸内視鏡検査、内視鏡的手術
(polypectomyやEMR、1泊2日の入院)